top

業務内容

安全取引の5ヶ条

お客様が安心してお取引いただく為に

書類

見積書内容は細かくご確認いただきます。

見積内容の中で価格はとても気になるものですが、項目をよくご確認いただき物件本体の解体のみでなく、設備撤去等必要な項目が含まれているかをご確認ください。

値引き率が大きい、あまりにも価格が安いだけの業者は要注意です。

実際の解体に必要な項目が見積もりに含まれていなかったり、不必要な項目が含まれていたり、それがトラブルの素となるばかりか、工事費用があまりにも安い見積には不法投棄の危険性も潜んでいます。

partition
街並み

近隣へのご挨拶。

解体工事は、建物をこわす工事であるために大きな音や、埃、重機やダンプの往来によって近隣の皆様には少なからずご迷惑をお掛けしてしまいます。

当社では工事着前に、ご近所へのご挨拶を丁寧に行います。
工事中の散水を充分にし、さらに低騒音型建設機械の使用することで、近隣へ細かな配慮を怠りません。

partition
免許

必要免許の提示。

解体工事をするには、建設業の許可か解体工事業の登録だけでなく、産業廃棄物の収集運搬許可が必要です。
各自治体の許可が必要となりますので、解体業者が許可をうけているか確認なさってください。
違反した場合は、行政処分が下されてしまいますのでお気をつくけください。

当社では事前に施主様へ上記の登録免許のご提示をさせていただきますので安心してお任せください。

partition
工場

廃材処分先の確認。

産業廃棄物は適正に分別し、適正に処理する必要があります。

マニフェストを発行し、許可を受けている処分会社へ適正に処分する必要があります。
マニフェストに産業廃棄物の種類、数量、運搬業者名、処分業者名などを記入し、業者から業者へ、産業廃棄物とともに処理の流れを確認いたします。

partition
書類

法令遵守について。

解体工事をするときには、各市町村に届出をし書類提出の必要があります。
当社ではこういった手続きのサポートも行っております。

建設リサイクル法などの法令を遵守し書類の作成、届出代行を行っております。
・解体工事事前届出(県、市)
・再資源化等実施状況報告書提出
・道路使用許可(警察)等

partition